【レビュー】今更だけど iPad Air 3 (2019) を購入

この前 2019年モデル無印 iPad 10.2インチ購入したばかりなんだけど、今更ながら 2019年3月発売の iPad Air 3 (2019) を購入しました。

iPad Air 3 (2019)

iPad Air 3 (2019) を購入した理由

最新の噂だと 2020年後半にも後継機となる iPad Air 4 が発売になるんじゃないかと出ている今のタイミングで iPad Air 3 を購入した利用はこんな感じ。

テレワーク時には 10インチクラスのタブレットの使用頻度が高い

これまで無印 iPad 10.2インチ (2019)iPad mini 5 7.9インチ (2019) を併用してきたんだけど、布団の中での使用や電子書籍を見る時は iPad mini 5 を使うんだけど、テレワーク時はデスクトップPCで仕事をしつつ、横にタブレットを置いて動画とかを見てるんだけど、その時は画面の大きな 無印 iPad 10.2インチ (2019)  をメインに使ってて、使用時間としては圧倒的に 無印 iPad 10.2インチ (2019)  が多い状態になってて重要度が上がっているという現状がありました。

 

次期 iPad Air 4 のスペックが使い方にマッチしない

現時点で出ている次期 iPad Air の噂としては、以下のようなものでした。

  • Touch ID の廃止で、画面内指紋認証の採用
  • Lightning 端子が廃止され、USB Type-C 端子の採用
  • ベゼルレスデザインの採用で 10.5インチ から 11.0インチ に画面サイズがアップ
  • ミニLEDディスプレイの採用

 

この中で唯一致命的なのが「Touch ID」の廃止部分。

私の使い方的にはデスクトップPCのサイドに置いて情報を表示することが多かったり、寝る時もサイドテーブルに置いて動画とかを見ることが多いんだけど、Face ID だと正面に顔を持っていく必要があるけど、寝る時は不可能に近いので手だけを伸ばして素早く画面ロックを解除したいという要件があるので、Touch ID の廃止は痛すぎる。

画面内指紋認証に関しては、Galaxy Note10+ で利用中だけどスマホのサイズであれば、画面の特定の部分を押すことは苦ではないけど、タブレットクラスの画面サイズで画面内指紋認証を採用されると暗いところだと、一発で画面の特定部分に指を当てるのは厳しいと思ってるので「Touch ID」が搭載された機種が欲しかった。

まぁ、あくまで噂なのでどうなるか分からないけど、次期 iPad Air が魅力的なスペックで登場したら買い換えればいいかなと。

 

iPad Pro を選ばない理由

さっき書いたのと同じ理由で Touch ID が採用されてなくて Face ID だけっていうのはいただけない。。あとは動作再生とかリーダーメインの使い方だと価格が高すぎるのと、そもそもデザインがあまり好きではない。

iPad といえば、ベゼル部分が白いのが私の中では The iPad って感じで好きだから。

 

iPad Air 3 (2019) について

「認定整備済製品」という選択

今回購入した iPad Air 3 (2019) だけど新品ではなく、Apple 公式で販売されている「認定整備済製品」を選択しました。認定整備済製品は返品などされた商品だけど以下の特徴があります。

  • 新品の iPad と同じ1年間の保証
  • すべてのマニュアルと付属アクセサリ
  • 新しいバッテリーと外装
  • 新しいホワイトボックス

 

上記のとおり、ほぼ新品と同じ条件になります。

ただ、新品と大きく違うところが「新しいホワイトボックス」っていうところ。これは何かというと外箱が専用品になってます。ただ、外箱なんて開封する時くらいしか見ることはないのでどうでもいいです。ちなみにこんな外装です。

iPad Air 3 (2019)

 

で、「認定整備済製品」は何がいいかというと新品とほぼ同じ条件なのに価格がお得なところ。2020年6月現在の価格はこんな感じで 8,000円安く販売されててコストパフォーマンスがいいです。Apple 製品の場合には中古で売るときも高額で売れるので新品よりも 8,000円安く買えていると売却時の差額が小さくなるので売るときもお得に売れるのがいいところ。

項目新品認定整備済製品
iPad Air 3 (2019) 64GB Wi-Fi 54,800円 (税別)46,800円 (税別)

 

お得に買える 認定整備済製品(iPad) だけど、常に買える訳ではないので注意が必要です。購入したい製品がある場合には在庫が復活するのを気長に待つ必要があります。整備済製品のページを見ると在庫がないモノについてはグレーアウトされてます。

iPad Air 3 は暫く在庫がなかったけど、最近、在庫が復活してたので購入を決めました。

iPad, 認定整備済製品

 

開封

新品と同じようなフィルムに包まれてます。

iPad Air 3 (2019)

 

付属品も新品。

iPad Air 3 (2019)

 

やっぱ、Touch ID があるのはいい。

iPad Air 3 (2019)

 

iPad Air 3 (2019)

 

無印 iPad 10.2インチ (2019) から iPad Air 3 (2019) への乗換理由

無印 iPad 10.2インチ (2019) の画面の奥行きが気になる

無印 iPad 10.2インチ (2019) は私の使い方的にはスペックは十分過ぎるくらいだったんだけど、唯一気なるところがありました。それはディスプレイに「フルラミネーションディスプレイ」が採用されていないってところ。

購入する時も分かってはいたんだけど Apple Pencil も使わないしどうでもいいかなと思ってたんだけど、iPad mini 5 と合わせて使っている為か、フルラミネーションディスプレイじゃないので画面の奥行きが凄く気になるようになりました。

具体的にはこんな感じで表面のガラスから実際に映像が表示されているパネルまでの距離があって時代を感じる。。

iPad 7th

 

フルラミネーションディスプレイを採用している iPad Air 3 (2019) はこんな感じでカバーガラスと液晶パネルまでの厚みが薄いです。

iPad Air 3 (2019)

 

現行の各 iPad のディスプレイ性能はこんな感じで、iPad (第7世代) はディスプレイ部分が大幅にコストカットされてて低価格を実現されているのがわかるんだけど、最近のスマホとかの高品質のディスプレイを見慣れていると、世代の古さは感じます。。

項目11インチ iPad ProiPad Air (第3世代)iPad mini (第5世代)iPad (第7世代)
サイズ11 インチ10.5 インチ7.9 インチ10.2 インチ
Liquid Retina ディスプレイ
Retina ディスプレイ
解像度2,388 x 1,668ピクセル解像度、264ppi2,224 x 1,668ピクセル解像度、264ppi2,048 x 1,536ピクセル解像度、326ppi2,160 x 1,620ピクセル解像度、264ppi
最大輝度600ニト(標準)500ニト(標準)500ニト(標準)500ニト(標準)
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーションディスプレイ
反射防止コーティング
ProMotionテクノロジー
広色域ディスプレイ(P3)
True Toneディスプレイ

 

ただ、表示品質自体の違いはそこまでは感じないので 無印 iPad 10.2インチ でも表示は綺麗です。

左が無印 iPad 10.2インチ (2019) で右が iPad Air 3 (2019) だけどパッと見は違いを感じないくらい。液晶のサイズは 10.2インチ10.5インチ でちょっとだけサイズアップしてます。ただベゼルが薄くなってるだけなので、iPad 自体の大きさは一緒です。

iPad 7th, iPad Air 3

 

厚みはほんのちょっとだけ iPad Air 3 の方が薄いけど、手で持ってみると微かに分かるくらいで明確な違いはないです。

iPad 7th, iPad Air 3

 

最前面のガラス(プラスチック?)の素材が安っぽい

タッチ性能とかには不満はないんだけど、使ってて気になるのが最前面に採用されているカバーガラスの素材の質感です。

質感の感じなんだけど、画面部分をノックすると iPad mini 5 だと コンコン という感じで剛性感?が高い感じで質感の高さを感じるんだけど、無印 iPad 10.2インチ (2019) だと ボコボコ って感じで密度が高くない感じで使っててあまり気持ちよくないです。。

これもフルラミネーションディスプレイとの差なのかな? フルラミネーションディスプレイは「液晶ディスプレイ」+「タッチパネル」+「カバーガラス」を圧着して一体化させる技術なので、密度が上がって剛性感も出てるんだと思います。

 

ということで無印 iPad 10.2インチ (2019) は購入したばかりだけど使うことはないので手放します。