【テレワーク用】ゼンハイザーUSB接続ヘッドセット VoIP PC8.2 USB

しばらくはテレワークがメインになりそうなので、本格的に Web会議用の音声環境を整えることを考えて、ゼンハイザーの USB接続タイプのヘッドセットを購入したので紹介。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

Web会議には音声品質が一番大事

3月から始まったテレワークでの Web会議だけど、一番重要なのは音声というのがわかりました。

映像に関しては綺麗に越したことはないけど多少汚くても音声させクリアに聞ければストレス無く Web 会議することができます。逆に音声の品質が低いと会議に集中できなくてストレスが酷い。特にハウリングさせる人が1人でもいると最悪。

 

ゼンハイザー PCヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

今回購入したのはゼンハイザーから販売されているヘッドセットの中で USB接続タイプのものを購入しました。

昔から販売されている「PC3」「PC5」「PC8」っていうのがあったんだけど、2020年5月に新モデルとして「PC3.2」「PC5.2」「PC8.2」が発売されたので PC8.2 を購入しました。この3モデルの違いとしては接続方式が違います。

項目PC3.2 CHATPC5.2 CHAT EPOSPC8.2 USB
ノイズキャンセリング
接続方法3極接続4極接続USB接続
インラインリモコン

 

PC3.2 はパソコン側にマイク用とイヤホン用の 3.5mmジャックが個別に用意されているタイプで、PC5.2 は一体になっている 3.5mmジャックタイプ。私が購入した PC8.2 は USB接続タイプなのでノイズが乗りづらいかなと思って選択しました。

 

開封

パッケージはこんな感じの茶箱で業務用的な雰囲気。販売も Amazon限定っぽいのでパッケージは質素にしてるのかな?

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

箱の中も最低限の梱包だけになってます。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

傷が付きやすそうなとこは保護用のビニールがついてました。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

質感はいい感じ。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

耳当て部分は回転可能

利用時はこんな感じ。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

ゼンハイザーのマークの下部分が回転する構造になってて 90度回転できます。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

私は自宅でしか使わないけど、持ち運びたい人は多少は収納が楽になるかも?

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

マイク部も可動出来て、使わないときは収納可能

マイク部分は可動します。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

使わない時は、こんな感じで収納できます。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

マイクの音質としてはクリアで流石はゼンハイザーって感じです。

 

ヘッドホンは開放型

Web会議時は長時間利用することが多いので、耳への負担が少ない開放型なので選びました。今はスマホに付属していた「カナル型」のイヤホンなんだけど遮音性が高めなので長時間付けてると圧迫感?というか違和感があって疲れるので、Web会議用としては開放型がおすすめです。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

スポンジ部分は取り外しも可能。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

音質は普通にいい。音楽も聴けるレベルかな?

ただ、思ったよりも締め付けがある感じかなー。使い込んだら、もう少しゆるゆるになってくれるといいんだけど。

 

リモコンでの操作も可能

ヘッドホンの音量調整とマイクのミュートボタンは付いてるので、お手軽に調整が可能です。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

サイズ調整

サイズ調整は耳当て部分を上下にスライドさせることで可能です。一番小さくした状態がこれ。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

一番大きくした状態がこれ。調整幅は大きいので、大抵の人にはフィットすると思います。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

Windows 10 でのデバイス認識

Windows 10 であれば、USBに接続するだけで自動的にヘッドセットとして認識され、そのまま使うことが可能です。

ゼンハイザー Sennheiser ヘッドセット VoIP PC 8.2 USB

 

macOS(Catalina)でのデバイス認識

Macbook Pro でもUSBに接続するだけで正常に認識しました。

ただし、MacBook Pro の USB Type-C で、このヘッドセットは USB Type-A なので変換アダプタが必要です。

 

最後に

品質のいい音声デバイスを使うことで Web会議の快適度が大幅に向上するので、Web会議の音声品質に悩んでる人はちょっと値段はするけど検討する価値は大いにあると思います。

 

2020/08/02 追記

スピーカーフォンも導入してみました。

テレワーク用に Anker PowerConf スピーカーフォンを購入

 

2020/08/09 追記

YAMAHA のスピーカーフォン YVC-200 も購入しました。

テレワーク用にヤマハのスピーカーフォン YVC-200 を購入