FUJIFILM X Webcam が Ver2.0 で使い勝手が大幅向上!

以前紹介した富士フイルムのミラーレスカメラを USBケーブルだけでウェブカメラ化する「FUJIFILM X Webcam」の Ver2.0 がリリースされてました。

無償でWebカメラ化できる FUJIFILM X Webcam の使い方

 

FUJIFILM X Webcam Ver2.0 更新内容

Ver.1.0からVer.2.0への変更内容

オンラインミーティング中にカメラの設定変更(*)が可能になりました。
Ver.2.0にアップデートすると、「X Webcam 2」アイコンが追加されます。「X Webcam 2」が起動すると、カメラの一部機能を変更する設定画面が表示し、任意で変更が行えます。

* 変更可能な機能:フィルムシミュレーション(**)、ワンプッシュAF(***)、AEロック、デジタルズーム(**)、露出補正、ホワイトバランス
** 機種により、選択肢や倍率が異なります。
*** X-Pro2はMF時にワンプッシュAF/AEロックの使用が可能。

※対象機種:GFX100/GFX 50S/GFX 50R/X-H1/X-Pro3/X-Pro2/X-T4/X-T3/X-T2

引用:https://fujifilm-x.com/ja-jp/support/download/software/x-webcam/

 

Ver2.0 のインストール

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックでウィザードを進めるだけ。

~ 省略 ~

インストール後は再起動が必要です。

 

FUJIFILM X Webcam Ver2.0 の使い勝手

FUJIFILM X Webcam 2 がインストールされます。ただ手動での起動は不要でカメラを USBテザーモードで接続し、Webカメラを利用するアプリを起動すると自動的に FUJIFILM X Webcam 2 が起動してくれます。(Webカメラを使うアプリを起動してないと設定値はグレーアウトされてます)

FUJIFILM X Webcam 2

 

これまでの FUJIFILM X Webcam に関しては、パソコンとUSB接続する前に全てのカメラ設定を完了させておく必要があって、USBで接続してしまうと設定を変更することが出来ませんでしたが、Webカメラとして必要な最低限の機能は付いてる感じ。

 

カメラ名としても「FUJIFILM X Webcam」から「FUJIFILM X Webcam 2」に変更されています。

FUJIFILM X Webcam 2

 

パソコンに接続後に変更できる項目は、以下の項目です。

  1. ワンプッシュAF(AF-S の場合にピントを合わせ直す)
  2. AEロック(明るさを固定する)
  3. デジタルズーム
  4. 露出補正
  5. フィルムシミュレーション
  6. ホワイトバランス

 

フィルムシミュレーションを変えることが出来るっていうのが富士フイルムらしいところ。ただ、細かなパラメータの変更は出来ません。

FUJIFILM X Webcam 2

 

ホワイトバランスの設定

FUJIFILM X Webcam 2

 

Webカメラとしてデジタルズームを使うことは無い気がするけど「x 1.0/x 2.5/x 6.0」から選択することが可能です。広角単焦点しか持ってないけど背景の写す範囲を狭めたい場合とかに使うのかな?

FUJIFILM X Webcam 2

 

私は画質的に有利な以前紹介した HDMI 出力をキャプチャーボードで入力する方法を継続して使う予定だけど、USB接続だけで使っていた人は使い勝手が向上するので、バージョンアップした方がいいと思います。

ミラーレスカメラ(X-T3)を Webカメラ化してテレワークを快適に

 

しかし富士フイルムはユーザーの使い勝手とかを考えて改良してくれるのは流石だな。