X-H1、X-T3 の大型ファームウェアアップデート(Ver.2.00)がキタ

前から予告されていた、X-H1X-T3メジャーバージョンアップがキタ。

X-T3Ver1.02 から Ver.2.00 へのアップデート 。

 

アップデート内容はこんな感じで、動画撮影関連のアップデートなので、動画撮影をしないから関係ないかな。。

  • ハイブリッドログガンマ方式での4K HDR動画撮影機能の追加
  • フィルムシミュレーション映像/F-LogのHDMIとカメラ内SDカードへの同時出力に対応
  • ホワイトバランスの色温度表示に対応
  • 4K/29.97P以下での低速シャッターに対応
  • H.264選択時にALL-Intra、最大ビットレート400Mbpsを使用可能に
  • 給電中アイコンの追加

 

詳細はメーカーサイトで確認を。

富士フイルム Xシリーズ & GFX

富士フイルム Xシリーズ ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-T3」の公式製品情報…

 

X-H1Ver.1.20 から Ver2.00 へのアップデート。

 

アップデート内容はこんな感じで、私の使い方的には、「ボディー内手振れ補正」と「レンズ内の手振れ補正」の協調制御が魅力的。あとは、動画撮影時のパンニング動作時の動作がスムーズになるみたいなので、動画もちょっと試してみたいな。

  • ボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正の協調制御を実現
  • ボディ内手ブレ補正性能の改善
  • 4GBを超える動画ファイルを1ファイルで記録
  • ホワイトバランスの色温度表示に対応
  • 給電中アイコンの追加

 

メーカーのサイト内にも、手振れ補正が付いたレンズ毎の補正効果の一覧が載ってますが、協調動作で補正効果が向上するのは一部のレンズだけで、私が持っているレンズだと、XF10-24mm と XC15-45mm だけが対象かな?

ちょっと試した感じだと、XF10-24mm の広角端だと手持ちで1秒くらいは行ける感じ。

製品名X-H1 ファームウェア
Ver.1.12Ver.2.00
XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro5.0段5.0段
XF200mmF2 R LM OIS WR5.0段5.0段
XF10-24mmF4 R OIS3.0段5.5段
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS3.5段5.5段
XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR5.0段5.0段
XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR5.0段5.0段
XF55-200mmF3.5-4.8 R LM OIS5.0段5.0段
XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR5.0段5.0段
XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ3.0段5.0段
XC16-50mmF3.5-5.6 OIS II3.0段5.5段
XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II3.5段5.0段

 

詳細はメーカーサイトで確認を。

富士フイルム Xシリーズ & GFX

富士フイルムのデジタルカメラ Xシリーズ「FUJIFILM X-H1」の公式製品ページです。…

 

= 2019/05/04 追記 =

X-T3 のファームウェアを Ver3.00 に上げたら問題発生?